アヌサラ・サダナ:プラーナヤーマ、神とのダンス

エヴァ・アナニャ著

吸う…吐く…私たちは毎日約20,000万回呼吸し、体内のすべての細胞に酸素という重要な栄養を与えています。成人は10分間に約15~12回呼吸します。私は自分で確認しましたが、オフィスで座って仕事をしているときは平均4分間に6,000回呼吸しています。6回の呼吸でXNUMXミリリットル強の空気を吸い込むと仮定すると、XNUMX分間に約XNUMXリットル、XNUMX日で約XNUMXリットル、つまりXNUMXm³になります。これはデスクで準安静状態にあるときだけです。もちろん、動き始めるとすぐにこの量が増えます。私はこの数字にかなり感銘を受けています。

さらによく考えてみると、私は飲んだり食べたりすることよりもずっと頻繁に呼吸しているのがわかります。私は、摂取する食べ物や飲み物について非常に注意深く考え、体が栄養を適切に利用できるように落ち着いて考えるようにしています。私たちは皆、体に与える固形食品や液体食品について考えます。ガス状の栄養についても考えないのはなぜでしょうか。

もちろん、一つの答えは、私たちがそれを制御する必要がないということです。私たちは積極的に貢献する必要もなく呼吸しています。しかし、私たちはそうすることができます。

これは、酸素も含む栄養にもっと注意を払い始めた10年以上前に私が気づいたことです。数多くのヨガのトレーニングやワークショップを通じて、私はすでにいくつかのプラーナヤーマのテクニックを学んでいましたが、カパーラバティ(実際には、サットカルマニ、6つの浄化の実践に属し、 ハタプラディーピカ ところで、そこには、特別な特性を生み出すので、それらを秘密にしておくべきだとも書かれています。」、ウッジャイー、交互鼻呼吸。そこで私は呼吸の科学をさらに深く探求し始め、幸運にも、自分の師を通してプラーナヤーマへの深い洞察を得ていた経験豊富な教師を見つけることができました。

ヨガ文献の中で、呼吸のコントロールとその重要性について言及されている箇所はどこでしょうか。呼吸のコントロール方法に関する最初の指示は、すでにヴェーダに見られ、ヴェーダの僧侶は儀式の際に、定められた方法で呼吸に影響を与えるよう指示されています。その後、 パタンジャリのヨガ・スートラ アシュタンガマールガ(八支則)では、第 2 支則としてプラーナヤーマが取り上げられています。第 49 章の 53 から 49 までのスートラ(PYS II.53-2,000)では、プラーナヤーマとその効果について論じています。これらのスートラは 14 年以上前のものと推定されますが、より新しいヨガのテキストにも、より多くの言及や説明が見つかります。たとえば、ハタプラディーピカー(紀元 XNUMX 世紀頃)では、第 XNUMX 章で、XNUMX つの古典的なプラーナヤーマについて取り上げています。

アタ クンバカベダー

スーリヤベダナム ウッジャイ シートカーリ シタリー タター |

バストリカー ブラマリー ムルチャ プラヴィニーティ アシュタ・クンバカ ||44||

さて、クンバカの変種であるスーリヤブヘダナム、ウッジャイ、シートカーリ、シタリーも同様である。

Bhastrikā、Bhrāmarī、Mūrcchā、Plāvinī は 44 つの呼吸コントロールです。 ||XNUMX||

もう一つの重要なハタヨガのテキストでは、 ゲランダサンヒター (おそらく 17 世紀後半のインド北東部)、プラーナヤーマについての説明は第 XNUMX 章にあり、最初の詩節の冒頭で、この実践の目的または結果が述べられています。

アタータ・サムプラヴァクシャミ・プラーナヤーマシャ・サドヴィディム |

ヤシャ・サーダナマートレナ・デーヴァトゥリョ・バヴェナラハ ||1||

ここで、プラナヤマの正しいルールについて説明します。

それを実践するだけで、人は神のようになる。||1||

46節では次のXNUMXつのテクニックが列挙されています。

'sahitaḥ sūryabhedaśca ujjāyī śītalī tathā |

バストリカ ブラマリー ムルチャ ケヴァリー カシュタ クンバカ ||46||

これらは私たちにとって非常に馴染み深いもので、ほとんどがハタプラディーピカーから知られている技法です。ウッジャイ、ブラマリー、バストリカーはほとんどのヨガ実践者に知られていますが、他の技法はあまり知られていません。そのため、私は*に焦点を当てたいと思います。スーリヤベダナ*. ハタプラディーピカーでは、2.44節で技法を列挙した直後の次の節で、呼吸中に2.48つのバンダを使用する方法と、ヨギが老化から解放される方法についての指示が見つかります。そして、2.50節から、スーリヤベダナ技法の説明が始まります。快適な座席で、ヨギは右の鼻孔からゆっくりと息を吸い込み(ピガラ・ナーディ)、クンバカを実践します。つまり、髪の毛(頭)から爪先(足指)まで、つまり全身に浸透するまで、最大限に息を止めるのです。次に、左の鼻孔からゆっくりと息を吐きます(イダ・ナーディ)。詩節 XNUMX では、その効果が次のように説明されています。「前頭洞を洗浄し、ヴァータの乱れによって引き起こされる病気と戦い、虫 (細菌) によって引き起こされる病気を治します。したがって、繰り返し行う必要があります。」Gheraṇḍasaṃhitā の Chanda と Gheraṇḍa の対話では、その効果がさらに詳しく説明されています。腐敗と死を破壊し、Kunṇḍalinī Śakti を目覚めさせ、体の火を増加させます。

この修行の集中力は、右の鼻孔から息を吸い込むときに「サ」、息を吐くときに「ハン」と心の中で唱えることで強化できます。「ハンサ」マントラは、タントラの修行で特に使用され、呼吸とともにこの形でダーラナ(ヴィジュニャーナ・バイラヴァ・タントラのように)の集中力をサポートするためによく使用されます。これは自然な呼吸マントラとも言われており、私たちは毎日 20,000 回以上唱えています。その文字通りの意味は「私は存在する」であり、よく耳をすませば実際に聞くことができます。

練習を始める前に、呼吸そのものについて少しお話しします。呼吸の4つの機能は 空気の吸入 息を吸うのを止める 呼気中の体内ガスの排出, 呼気後の呼吸停止

ヨガでは、これら 4 つの機能を次のように表現するのが一般的です。

  1. プラカ(中)、 
  2. アンタラ・クンバカ(開催)、 
  3. 再カカ(アウト)、そして 
  4. śūnyaka または bāhya kumbhaka(差し出された)。 

この呼吸サイクルのさらなる細分化は、息を止めた状態の自然な停止(ケーヴァラ アビヤンタラ)と息を止めた状態の自然な停止(ケーヴァラ クンバカ)で、これもまた呼吸の自然なシュニャまたはサハジャ状態を示唆しています(ハタプラディーピカー 4.3-4 を参照)。 

エヴァのビデオを見て、より深いレベルで呼吸とつながりましょう

ヴァジュラサナ、または足を地面に組んだ姿勢(スクアサナ、シッダーサナ、パドマーサナなど)などの安定した座り方で座ります。頭頂部を上に伸ばし、胸骨を持ち上げて楽に座れるようにします。右手に使用できる手のジェスチャー(ハスタ ムドラ)は、ヴィシュヌ ムドラまたはナーサーグラ ムドラです。この場合は、中指と人差し指を手のひらに向かって曲げ、小指、薬指、親指を外側に伸ばします。左手には、チン ムドラを選択できます。これは、スピリチュアルな展開、より高い意識を象徴し、膝の上の手から心臓の洞窟(フリッド グハー)につながる意識の秘密のチャネル(グプタ ナーディ)を活性化します。それは体内のプラーナを分配し、エネルギーのブロックを解消するのに役立ちます (これについては、Indu Arora の著書「The Great Book of Mudrās」で詳しく説明されています)。

次に、ヴィシュヌ ムドラをつけた右手を体の前に持ってきます。息を吸って息を止めます (このロックを普段から使っている場合は、ジャーランダラ バンダを適用します)。次に、左の鼻孔からゆっくりと息を吐きます。次に、再び右の鼻孔から息を吸い、再び息を止めます。このサイクルを続けます。この練習のリズムには、右から 4 秒間吸い込み (プラカ)、16 秒間息を止め (アンタル クンバカ)、左から 8 秒間吐き出す (レチャカ) など、いくつかの提案があります。このターラ (リズム) を明確に書き留める方法として私が推奨するのは、次のような構文です。

イン:一時停止:アウト:一時停止

ここでの例は次のようになります。

4:16:8:0

私にとって、この練習はいつも私の中に小さな日の出を感じるので、特に朝に練習するのが好きです。すべてのテクニックと同様に、それが自分にどう作用するかを自分で確かめることをお勧めします。もちろん、「一度きりは無駄」というモットーに従って、それぞれのテクニックに時間をかけることも必要です。 

呼吸は私の内なる世界と外なる世界をつなぐ架け橋です。プラーナヤーマによって、私は自分の内なる世界、つまり肉体的、感情的、精神的な知覚に意識的に影響を与えることができます。朝のエスプレッソの代わりに、バストリカのバリエーションを飲んだ方が目覚めがよくなります。また、仕事で長い一日を過ごし、まだ頭の中がいっぱいの夜には、サマ ヴリッティ (ボックス呼吸またはイーブン呼吸) などの心を落ち着かせリラックスできるプラーナヤーマをします。 

そして今日、これは単に知覚された効果ではないこともわかっています。これらの効果を実証し、右の鼻孔から空気を流すと活性化効果があり、左の鼻孔から空気を流すとリラックス効果があると結論付けた医学研究があります。心拍数、血圧、反応時間が測定されました (Bhavanani A.、Ramanathan M.、Balaji R.、Pushpa D. (2014) International Journal of Yoga)。

私はプラーナヤーマの効果を感じており、私の存在(コシャ)のあらゆるレベルにおいて、プラーナヤーマは私にとって大きな変化をもたらしました。タントラ哲学とともに、プラーナヤーマはアーサナの実践とともに、私にとってヨガへの道となりました。ですから、この贈り物を次の世代に伝え、私にとって同様に、皆さんにとってもプラーナヤーマが支えとなることを願うことも私の目標です。

サダナを始めるには、「3つのR」に従ってみてください。 

規則性、リズム および 繰り返し

これがプラーナヤーマの実践を健全に進めるための鍵です。ヨガでは、これが「プラーナヤーマ」という言葉の真髄です。 アビヤサ. 日中に定期的に練習できる時間を選びましょう。3 日ごとに夕方に仕事の約束がある場合、この時間はおそらく適していません。また、続けられないかもしれない 1 時間の約束をするよりも、毎朝起きたときに 10 分間練習する方がよいでしょう。現実的になって、現実的な目標と時間目標を設定し、規則正しく、リズムよく、繰り返してそれを守りましょう。

そして私の経験では、時間が経つにつれて、プラーナヤーマの実践にかける時間が増えていきます。なぜなら、その恩恵を感じられるからです。

Eva Ananya へのお問い合わせ先: 

Email: eananya@ananya.at

ウェブサイト: アナニャヨガスタジオ // アナニャヨガアカデミー

Instagram: @エヴァアナニャ

住所: アナニャ・ヨガ、モラードガッセ 34、1060 ウィーン/オーストリア

電話: +43 1 9094781


アヌサラ・サーダナとコラボレーションしてみませんか?

タグ: , , , , , ,

エラー: コンテンツは保護されています!