アヌサラ認証プロセス–第4版アヌサラマルガ

ElementsからCertifiedへ:Kulaとのつながりを思い出す 

Alicia Poldino – 米国ユタ州

Alicia@UtahPrenatalYoga.com

www.UtahPrenatalYoga.com 

 

ElementsからInspired、Certifiedに至るまでのプロセスを進めた最初のAnusara教師になったことは、わくわくするような光栄です! プロフェッショナル開発担当ディレクターのカーラ・ザルバ・バトラーとライセンススペシャリストのオリ・ブラウンが私に言ったまで、私がこのプロセスを完了した最初の人であることに気づきませんでした。 それは私の認定にお祝いの追加コンポーネントを作成しました。 

私は最初のアヌサラのクラスを受講する前に、10年以上にわたってヨガと温かな関係を持っていました。 その最初のAnusaraクラスは私の全世界を変えました。 私は恋に落ち、ティファニー・ウッドとの200時間教師養成に参加しました。 私は出生前/出生後の集団で働きたいと思っており、可能な限り強力な基盤を望んでいました。 Tiffのトレーニングで火がつき、その直後に85時間の出生前トレーニングを完了しました。 私はヨガを教え始め、振り返ることはありませんでした。 

この旅を始めたとき、私はアヌサラ認定を追求するつもりはありませんでした。 私のElementsライセンスへの最初のステップは、私が新しいインストラクターとして始めていたとき、フィードバックとマスター教師からの個別のコーチングの素晴らしい機会でした。 Elementsプロセスは非常にアクセスしやすく、自然な「次のステップ」のように思えました。そこで、しばらく努力が止まりました。 私は自分のことをやっていて、次の5年間にわたって研究を続けていました。 ワークショップ、講義、トレーニングに参加して、スキルと知識を向上させました。 教師は常に生徒です。 

Tiffは常にCertifiedへの道に沿って優しく私を微笑ませていました。 長年にわたる彼女のサポートとガイダンスは、私がすでに認証プロセスの準備をしていることに気づきました。 ある時点で、彼女は私がすでにやったことを「見るだけ」で完了したすべてのトレーニング、ワークショップ、および授業時間のリストを作成するように勧めました。 多くのことが判明しました! 私は、Inspiredのライセンスプロセスに飛び込んで完了することにしました。 数年間私のベルトの下で教えた後、これは強力な経験でした。 私は自分の指導スタイルに少し慣れすぎていました(読んで:わいせつに)。 インスピレーションを受けたプロセスを経て目が覚め、ゲームをステップアップするために電話がかかってきました。 この時点で、認定ステータスを取得できることがわかりました。 次の2年間で、残りのトレーニング時間、リーディング要件、および認定の指導を完了しました。 

認証プロセスは確かに挑戦的でした。 私はスタジオを所有し、フルタイムで教え、2人の幼い子供がいます。 トレーニングとワークショップを完了する時間(およびお金)を見つけることは困難でした。 幸いなことに、私は学習にオタクであり、ユタ州には素晴らしいAnusaraコミュニティがあるので、機会は豊富でした。 

プロセスの中で私の好きな部分は筆記試験でした。 私は長年にわたってどれだけの知識を集めたかを見てわくわくしました! また、自分がどれだけ知らなかったか、忘れていたかにも驚いた。 私がこれまでに受けた最も難しい試験だったと確信しています。 私の評価者との仕事も非常に困難でした。 最初は、自分のスタイルを調整し、他の方法で教えたり、話したり、頭出ししたりすることを受け入れるのは困難でした。それは、今までの私の授業で最も衝撃的で重要な経験の一つになりました。 評価プロセスのすべての感情と苦労を経験した間、私は彼女の洞察、知恵、ユーモア、そして穏やかな励ましにジャッキー・プレテに永遠に感謝しています。 私は教師としてのスキルと、学習と成長が決して終わらないことを高く評価しました。 私たちは洗練を続け、より良くなり、より多くの経験と知恵をもたらします。 この旅に終点はありません。 教師は常に生徒です。 

この冒険を通して、私は再びアヌサラに恋をしました。 それで、私は再び自分自身と恋に落ちました。 努力は私をより深い認識に足を踏み入れ、チット・アナンダの別の層を明らかにするように呼びかけました:私を思い出し、私の祝福をすることの喜び 

より大きな何かへの接続。 この美しいコミュニティの一員であることは名誉であり、Anusara kulaと共に何年も待ち望んでいます。 ナマステ!

 

チャン・ミカ

アヌサラヨガ認定講師、日本

 

 

私にとっての認証プロセスは、Anusaraメソッドの高レベルの品質を再学習し、再確認するために必要な時間を割く歓迎の機会でした。 私は、2012後にインスパイアされたライセンスを更新しないことを選択し、アヌサラクラから完全に不在でした。 過去6年間、私は
他のさまざまなヨガの方法、瞑想、大学を集中的に研究しました
国家認定のための心理学カリキュラム。

私のヨガの指導方法はアヌサラに基づいていますが、クラダの成長を支援するために戻ってくるという吉田真澄(大阪のインスピレーションを受けたインストラクター)からの予期しない問い合わせまで、認定は私の心から最も遠いものでした。 以前は、認定を目標として8年間Anusaraに没頭していましたが、
アヌサラなしで出発し、前進することに同意する。 私が感動し、ヨガの旅に新しい道を開いたアヌサラへの真澄のエネルギーと愛に感謝しています。

新入生のような新鮮な視点でアヌサラを再び徹底的に勉強する機会だったので、認定プロセスを楽しんだ。 2004(ワークショップ、リトリート、イマージョン、教師トレーニングからの100ノートブック)に由来するテキストと私の古いノートのレビューは、「Wow !! はい!! 何年も前に理解していなかった私のノートブックの多くの概念は、新しい意味と感謝の気持ちで明らかになりました。 そのプロセスは、自己発見、精神的な成長、そしてアヌサラに対する新たな感謝の時でした。 9日間の筆記試験要件は、特に英語を母国語としない私にとって特別な挑戦でした。 言語の難しさがあっても、筆記試験を完了するのに9日間は必要ありませんでした。 この定義された9日間の集中的な期間をAnusaraでお楽しみください!! 再教育のこの9日間は、私の評価クラスに備えるための素晴らしい基盤でした。 このシーケンスを強くお勧めします!

日本で唯一の新たに認定されたアヌサラのインストラクターとして、アヌサラを日本のヨガコミュニティと共有するという深い責任と義務を感じています。 認定プロセスを体験できたことを光栄に思います。また、私の仲間のアヌサラのインストラクターと共にこの道に光を当てたいと思っています。

アヌサラyogaの正式認定講師へのプロセスは、私にとって、再度アヌサラメソ
ッドを学び直す大変貴重な時間となりました。
2012年、私はインスパイアドアドバイザー資格を更新しないという選択をし、アヌ
サラkulaから完全に離れました。
その間の6年間、私はyogaのスタイルに拘らずありとあらゆるyogaメソッドを
学び、また瞑想の学びと実践も国内で重ねました。そして大学の心理学科に

入学し、現在心理学の国家資格を目指し学んでいます。
そんな私がアヌサラyogaに戻る決意をしたのは、大阪でインスパイアドアドバイザーを
している吉田真澄ちゃんからの1本の電話でした。それは日本のkulaの成長を
答えを出すのに大変な時間をかけたと
記憶しています。
6年前、認定講師を目前にしてKulaから去った事。私のyogaの教えは、アヌ
そして何より彼女の情熱と愛に心を動かされるし
た。
今は、心から彼女に感謝しています。
認定講師へのプロセルは、私にとってとても楽しい楽しいででした。まるで初めて
このメソッドを学ぶ生徒のように、100冊くらいある古いノートを取り出し
1冊1冊をいとおしむように読みすすめました。正式認定者を目指し、学び
続けていた8年間には、まったく気がつかなかったことや、メソッドの精密さ
深さに、今になってようやく気づけることが沢山あり、本当に素晴らしいメソ
ッドだと実感しました。
ペーパー試験にあてられた9日間は、必要な日数だと感じています。もしかし
て解答をするだけなら、この日数は必要ないかもしれません。でも、9日間を
かけてもう一度アヌサラyogaのメソッドを思い出す、再度学び直す、新たな発
見をする大変、大事な日数だと思います。そしてその後のアセスメントクラス
へと繋がる。とても理にかなった流れです。
もちろん、英語が母語ではない私にとって、試験もクラスも大変であったこと
はいうまでもありませんが。
現在日本における、ただ一人の正式認定講師として、責任と義務を強く感じる
事もありますが、このプロセスを通過してきた、ただ一人の経験者としての誇り
りを持ち、日本のアヌサラyogaへの道筋を、他の先生方と一緒に、照らしてい
ければ良いなと思っています。